川崎国際環境技術展2012
川崎国際環境技術展2012
Japanese | English

開催概要

名 称

川崎国際環境技術展2012
Kawasaki International Eco-Tech Fair 2012

テーマ

「今、かわさきから世界に伝えたい、環境技術」

本技術展の特徴

  • アジアの環境対策に即応する環境技術から地球規模の環境問題を解決する最先端の環境技術まで幅広く展示します。
  • 海外から環境分野の関係者が多数集結する国際的なビジネスマッチングの場です。
  • 知的財産の保護に配慮しつつ、環境技術の海外への移転を促進する展示会です。

開催目的

「川崎国際環境技術展」は、これまでの川崎の環境への取組みや国内外の企業の有する優れた環境技術、生産工程に組み込まれた環境技術等の情報を川崎の地から広く国内外へ発信し、世界に誇れる環境技術・製品等を有する企業と国内外の企業等とのビジネスマッチングの場を提供することで、環境分野での産業交流、技術移転による国際貢献の推進を目的として開催します。

会 期

2012年2月10日(金)・11日(土)10:00~17:00

会 場

とどろきアリーナ/神奈川県川崎市中原区等々力1-3

会場規模

135団体 226ブース

入場料

入場無料

関連イベント

第8回アジア・太平洋エコビジネスフォーラム

主 催

川崎国際環境技術展実行委員会

実行委員長/川崎市長 阿部孝夫
副実行委員長/川崎商工会議所会頭 山田 長満、前国際連合大学ゼロエミッションフォーラム会長 藤村 宏幸

【委員会メンバー】
川崎市、川崎市教育委員会、外務省、文部科学省、経済産業省、環境省、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(独)日本貿易振興機構、(独)産業技術総合研究所、(独)国際協力機構、(独)中小企業基盤整備機構、(独)環境再生保全機構、(独)国立環境研究所、慶応義塾大学、明治大学、専修大学、環境福祉学会、国連環境計画、国連工業開発機構、香港貿易発展局、神奈川県、NPO法人環境エネルギー政策研究所、NPO法人産業・環境創造リエゾンセンター、NPO法人アジア起業家村推進機構、(財)フォーリン・プレスセンター、(財)日本環境衛生センター、川崎臨海部再生リエゾン推進協議会、かわさき地球温暖化対策推進協議会、川崎商工会議所、川崎市工業団体連合会、川崎工業振興倶楽部、(財)川崎市産業振興財団

後 援

駐日オーストラリア大使館、駐日カンボジア王国大使館、駐日中華人民共和国大使館、駐日デンマーク大使館、駐日大韓民国大使館、駐日ラオス人民民主共和国大使館、駐日ベトナム社会主義共和国大使館、日本経済新聞社、神奈川新聞社、tvk、一般社団法人共同通信社

協 賛

(株)東芝、川崎信用金庫、東京ガス(株)、富士通(株)、三菱ふそうトラック・バス(株)、JX日鉱日石エネルギー(株)、JFEグループ、横浜銀行

協 力

(財)川崎市国際交流協会、川崎国際ビジネス交流推進協議会